望遠持たずに羽田空港




 1月14日月曜日、3連休の最終日で成人の日だが、天気が良さそうなので羽田空港方面に行ってみることにした。
前回が2016年11月3日に3年ぶりで訪れているが、今回も2年2か月ぶりになり、いかにヒコーキ趣味から遠ざかってしまったかが分かる。もっとも、羽田空港でのヒコーキ撮影は、成田ほどいい撮影ポイントが無い上に、国内線ばかりでたまに来る外国機も昼間は近隣国だけで、まるで面白味が無いのだ。
なので、モノレールの途中駅である天空橋で降りて少し散策してみた。浜松町から天空橋の間の駅は、天王洲アイル以外は降りても何も無いので、車窓から眺めるだけである。
機材も、ヒコーキを撮る気が無かったのと、なるべく荷物を軽くしようと、いつものα7RⅡに24-105mmだけしか持っていかなかった。羽田空港の展望デッキからでは、何回撮っても過去の画像と同じものしか撮れないからだ。
にもかかわらず、国際線、第一、第二の3つのターミナルの展望デッキは全部昇った。昇ったと言うのは、国際線は5F、第一は6FとRF、第二は5Fで、国際線以外は地下から昇るのと、直通のエレベーターが第二に2台あるだけで、あとはえんえんエスカレーターを乗り継ぐ以外は方法が無いのだ。おかげで距離の割にはずいぶん足腰のトレーニングにはなった。ただ、せっせと歩いた割には大した写真が撮れなかっただけである。



モノレール天空橋駅の西に海老取川があり、そこに架かるのが天空橋だが、武骨でしょぼい橋だ。



天空橋には船着場が直結しているので、小型の遊覧船程度ならここから海上観光できそうだ。



一本上流側の橋の方がきれいだ。どちらも歩行者専用で、駅へのアクセス専用のようだ。


 

天空橋を渡って、岸壁から二つの橋を眺めてみた。やはり天空橋は汚い。


 

天空橋の西側に広い駐車場があるが、ここは旧羽田空港駅の跡地で、空港が今より西にあったことが分かる。



羽田の市街地を西に少し歩くと、穴守稲荷神社があった。



こちらは敷地内の神楽殿。なかなか立派な建物だ。



裏手に回ると、廃棄されるのか鳥居のほかに首だけ出したキツネの石像がちょっと不気味だった。



神楽殿の裏にも鳥居がいっぱい置かれていた。



環八の方に歩いたら、拝殿の裏の本殿も見えた。手前は工事中だ。



環八に出たら何やらでっかい建物が。クロネコヤマトが所有する大田区民向けの有料体育館らしい。


 

環八沿いに天空橋駅に向かう。穴守橋からは隣の整備場駅が見えた。



モノレールが天空橋駅の地下から地上に出てきたところ。



空港の西の端にカンタスのB744が駐機している。朝5時に到着して、出発が22時なので、毎日ここにある。



国際線ターミナルの4Fフロア。残念ながら通路のライトアップをしておらず、ただうす暗いだけだった。



江戸小路は、これだけだと空港の中とは思えない路地である。



国際線展望デッキからの管制塔方面。真ん中にA滑走路がある。



標準ズームだけでも駐機しているヒコーキは撮れる。52mmで撮影しているのでほとんど標準域。



24mmだと管制塔や第一ターミナルがはるか彼方になる。それだけ空港は広いのだ。


 

北西方向のはるか彼方に、東京タワーが先端だけ見えている。



国内線第一ターミナルは、ほぼ終日逆光なので国際線ターミナル方面はこんなだ。



かろうじて第一ターミナルからもC滑走路の離陸機が見えた。左隅にスカイツリーも入った。



第一ターミナルは、管制塔が近くに見えるくらいでしかない。展望台に来る人も少ない。



第二ターミナルに移動した。成田に無くて羽田にあるのは海だけだが、通る船を眺めるのもいい。



過去に何度も撮っているゲートブリッジ越しの離陸機。標準ズームでも用が足りる。



やはり第二ターミナルの展望デッキは人が多い。順光で離発着が見られるからだろう。



第二ターミナルの南側エンドで、国際線施設の建設が急ピッチで進められている。
東京オリンピック時の旅行者急増対応で、今の国際線ターミナルではさばけないのだろう。


 久しぶりの羽田空港だったが、ヒコーキ自体はあまり変わり映えしなかった。ボーイング747やMD機などの個性的なスタイルの機種が引退し、ハイテク機ではあっても、737や767や777のような没個性機ばかりになってしまったのが、被写体としてのヒコーキ撮影に興味が失せた理由であろう。一時787の登場で随分撮影したが、今では成田でも羽田でも777と同じくらい多くなってしまった。その後エアバスの350が登場して少し撮ってはみたが、いずれJAL機として国内でも飛ぶようになるので、成田で粘る必要も無い感じである。
ただ、両空港が787と350だらけになる頃は、もはや望遠レンズで撮影する体力も気力も無くなっているか、この世とおさらばしているかもしれないと思う。全日空がA380を、ユニークな塗装でハワイ便に導入することが決定しているので、どちらの空港の離発着になるか分からないが、就航早々はヒコーキファンでさぞかし賑わうのではないかと思う。
たぶん、まだ私もその中の一人になっているかなと思っている。