ゲートブリッジと月島埠頭の夕夜景




11月2日金曜日、快晴である。昼間の街歩きは疲れたので、そろそろ気分転換に夜景を撮ることにした。
まだ三脚を使用した夜景に、6DMarkⅡもα7RⅡもどちらも使っていないので、両方で撮ってみることにした。せっかくだから、レンズも35mm単焦点、16-35mmf4L、24-70mmf4Lの3本を使用して撮るつもりである。


若洲埠頭の駐車場を目指して自宅を出たのは、午後1時少し前だったが、30分後には彩湖でトイレを拝借、17号と明治通りをルートに選んだが、あちこちで渋滞して新木場のローソン到着は3時30分になっていた。その20分後にゲートブリッジに上がって撮影を始め、終了は6時すぎであった。侘しいコンビニおにぎりの夕飯ののち、357号と晴海通りから月島埠頭に行き、竹芝やレインボーブリッジ方面を十数枚撮って、本日の撮影は終了した。


行きは3時間近くかかったが、帰路は晴海通りを北上して秋葉原方面へ右折予定だったが、3車線の真ん中を走っていたら、左2車線がトンネルになっていて、しかも右へはコンクリの分離帯があって車線変更できず、結局皇居を一周して254号経由で17号に出て、9時20分に帰宅。所要1時間40分だった。東京の一般道は、午後8時を過ぎると、昼間とはうそのように流れがスムーズになるので、首都高を使う必要は無い。


今回のエリアは、4年前の2014年11月14日とほぼ同じくゲートブリッジがメインであったが、自分の記憶では6Dで撮ったつもりだったのに、実際はまだ購入前で5DMarkⅡで撮っていた。ここにアップするサイズではそれほど違いは分からないが、最大サイズの壁紙で比較すると、レンズの違いもあるが明らかに解像感がアップしていた。そして、6DMarkⅡとα7RⅡとで画素数が1.5倍の違いはあっても、細部の描写にはほとんど差を感じなかった。6DMarkⅡも初代よりかなり画質的にも向上したのだと思う。これで、当分は両方とも状況に応じて使っていくことになった。


 

エレベーターでゲートブリッジに上がる。ディズニーランドはホテルしか見えない。


 

スカイツリーはどこからでも見える。順光なのだが、ここからではあまりに遠い。



有明から東雲方面の眺望。以前はこんなに高層ビルは無かったはずだ。



橋がカーブする場所で、今昇ってきたタワーを眺める。後方は葛西臨海公園だ。


 
日没まではあともう少し。下の突堤には釣り人がずらっと座っている。



羽田からの離陸機がひっきりなしに飛んでくる。今回は残念ながら富士山が見えない。



橋との接続口は8Fで、その上の9Fは展望テラスになっている。



日没まで少し時間があるので、南側のエリアまで行く。これがけっこう距離があるのだ。



16時33分日没となった。望遠でも撮りたいが、100-400mmは重いので車の中に置き去り。



17時を過ぎてもまだ橋のライトアップが始まらず。お台場や有明方面を眺めて待つ。



17時10分にゲートブリッジのライトアップが始まった。空の残照もいい具合だ。



ワイドなので建物の灯りは遠いが、空のグラデーションはこの時が一番いい。



17時21分だが、北側は暗い。唯一の工場夜景は太平洋セメントだ。



17時31分、空がだんだん青から黒へと変わりつつある。



17時33分、再びお台場方面だが、30分で随分と灯りが増えて夜景らしくなってきた。



南側へ移動しながら、少しづつ形の変わってゆくゲートブリッジを撮る。



羽田からの離陸機が頻繁に通るので、露出中は飛行の航跡が写ってしまう。いいのか悪いのか。



南側からの眺望をワイドに撮る。右隅に小さく東京タワーが見えている。


 

レインボーブリッジでもこんな風に撮ったが、街が近くにあるようで意外にいい感じである。



橋のライトは白だが、街の灯りが黄色いので、色温度を青く変えて遊んでみた。



18時4分、また北側に戻ってきたが、先程よりもだいぶ空の暗さが増した。



18時9分、これ以上橋ばかり撮ってもみな同様なので、最後に展望塔を撮ってゲートブリッジから撤収。



腹ごしらえの後、19時21分に月島埠頭に到着。ここからのレインボーブリッジだ。



月島埠頭は四方八方が見渡せ、こちらは北東側の勝どきと晴海の高層ビル。



ちょっと灯りの乏しい南側晴海埠頭。以前ここでも夜景を撮っている。



西側には竹芝埠頭が見え、伊豆七島や小笠原方面への船が出航を待っている。



先程と別の場所からのレインボーブリッジ側には、東京海洋大学と書かれた船が停泊していた。


 

北西側に目を凝らすと、汐留のツインパークスやコンラッドも見えた。


 月島埠頭から全方角を撮ったところで本日の撮影は終了した。夜景撮影時は、暗くて見えないので色々予期せぬトラブルに見舞われることが多い。今回は、月島埠頭でいつのまにかレンズフードがゆるんでしまい、大半の画像の隅が大きくケラれてしまい、トリミングを余儀なくされた。また、α7RⅡでは、色んな設定の変更時に、間違ってドライブモードを連写にしてしまい、10コマくらいが2枚か3枚連写してしまったのが後で分かった。
あと、すごく腹立たしい表示が、α7RⅡの背面にあるコントロールホイールの真ん中のボタンを押すと、「このレンズは無効です」って出るのだ。純正ではなくてもAFだってちゃんと作動しているのに、無効とは何たる言い草だと思う。
まあ、なかなか思い通りの夜景を撮ることは難しかったが、今回はレンズの性能優先のため、f値を8から10程度に絞った状態で、シャッター速度はマニュアルで8から10秒程度に設定してみた。なので、かなり暗い写りになったものが多かったが、ある程度の感覚はつかめたと思うのが収穫でもあったと思う。