タシギ

 

チドリ目シギ科の鳥で全長27cmほど。夕方から活動するので昼間はあまり見られないそうですが、たまたま鴨川でクイナを撮影した時に、近くにいたので撮影できました。
地味な色をしているので見つけにくいのですが、三貫清水の湿地帯でもよく見ていると時々来ているのが分かります。
警戒心が強いのか臆病なのか、すぐ逃げてしまうのでなかなか近くでは撮影できません。



フルサイズになって撮影は絶望的かと思っていたが、運よく接近できた。



2月下旬、相変わらず汚い湿地をうろついている。


 

2014年1月、いつもと同じ三貫清水の湿地。



いつもと同じ場所で変わり映えしないが、珍しく全身が撮れた。



2015年2月、珍しく近くで撮ることができた。



近くで撮れても周りが湿地で汚いのは相変わらずだ。



2016年12月、久しぶりのタシギ。場所は同じ三貫清水の湿地。