オナガ

 

スズメ目カラス科の鳥で、その名のとおり尾が長くて全長が約35cmほどあります。
カラスの仲間にしては尾が長くて姿が優美ですが、なるほど声はカラスに勝るとも劣らぬほどひどい悪声で、集団でギャーギャー鳴かれると追い払いたくなるほどです。
見た目がきれいだし、自室の窓から撮れる距離に来るので撮るようになりましたが、その割に警戒心は強く、一羽が逃げるとみな一斉に逃げてしまいます。
以前は自室からも撮れましたが、隣接地が公園になって木が大幅に減ったため、最近はあまり近くには来なくなってしまいました。



以前D300の頃は300mmでこれくらいに撮れたのが懐かしい。



水浴びの後かみすぼらしい頭だ。



ここまでがD300での画像で、フルサイズではなかなか撮れなくなる。



上の画像の2年後にフルサイズで撮影。画質はいいがその分被写体が遠くなった。



同じオナガが正面を向いたところ。逆光だと目が判別しにくくなるので補正が必要。



けっこう民家に入り込んでいるので、運が良ければ近くで撮れることもある。



2014年末、最近はこんな程度にしか撮れなくなった。



2017年1月10日、随分久しぶりにそこそこの距離で撮れた。