コハクチョウ



 カモ目カモ科ハクチョウ属の鳥で全長120cm程度。オオハクチョウは140cmくらいあるようだ。
近所の鳥を撮り始めて早くも8年目に入ったが、ハクチョウの実物は動物園以外見たことがなかった。
ハクチョウの見られる有名な場所はみな遠いし、確実に見られるかどうかも分からないので、どうしても見たいとは思わなかったが、埼玉県では川島町の越辺川に現在135羽もいるらしく、早朝と夕方でないといないかもしれないとは思いつつ、午前10時頃に行ってみたのであった。
結果、たったの一羽だけいてくれた。(^^♪ ラッキー以外の何物でもない。
とりあえずコハクチョウの初撮りであったが、一羽だけではアクションも少なく、何か面白味のない画像ばかりになってしまった。できたらもっとたくさん集まっている時にまた行ってみたいと思う。



土手の上から見渡した時は姿が見えなかったのでやっぱりいないと思ったのだが、
双眼鏡で確認してみたらこの一羽だけが見えたのでほっとした。



カワウのまねをして飛び立とうとしたのかと思ってあわてて撮ったが、
何のことはない、ただ10m先まで移動しただけであった。


 

ハクチョウは人間には慣れやすいのか、すぐ近くまでやってきたのでアップで撮影。
でもあまり近くだと鳥の目の光彩まで写ってコワい顔つきになってしまう。



川島町では餌やりはしておらず、見学者も餌は与えないようにとHPには書いてあったが、
こんなに近くまで人のところに来るのは餌を貰ったことがあるからだと思う。
すぐ近くで野鳥を撮れるのはありがたいが、自力で餌を採る本能を忘れさせないよう餌やりはすべきでない。