カシラダカ


 スズメ目ホオジロ科鳥で15cmくらい。
ホオジロに似ているので、気がつかず撮らなかったことが多いようです。
ホオジロとの違いは、冠羽があり腹部が白いこと、またホオジロのような顎下の黒い線もありません。
オスは頭部がもっと黒いので、ほとんどがメスではないかと思われます。



2015年3月。三貫清水にはけっこうたくさんいます。



湿地にもいますが、枯れ草と同じ色なので見過ごしてしまいそう。



ホオジロといっしょに道端にも出てきた。



2014年2月、識別ポイントとして背中のウロコ状の模様でカシラダカと判断。



2015年12月、ホンダエアポート近くで撮影。


 

こちらも上と同日同場所だが別個体。足環が付いているので一度捕獲されている。