カモメ


チドリ目カモメ科、全長40-46cm、翼長110-125cmです。
内陸で見る鳥では、ハシボソガラスよりもやや小さいくらいの大きさでしょうか。

HPにアップするのに迷ったのは、カモメとセグロカモメの区別が分からないことでした。
先に内陸で撮ったものを「セグロカモメ」としてアップしていますが、何を根拠にセグロカモメとしたのか覚えておりません。
今回は鴨川市の天津漁港で撮影しましたが、たぶん房総の漁港に群れているカモメは、みな同じ種類なのではないかと思います。
よって、暫定的に今回撮った画像は、すべて「カモメ」として
アップすることにしました。


 

海上から岸壁に着地しようとしているところ。


 
羽や嘴、足の色などがこんな感じのカモメが一番多い。


 
翼に釣り糸が引っ掛かっている。



前の画像もだが、尾羽の拡がりが美しい。


 

市場の屋根で一休みするやつが多い。



左は幼鳥かな?同じ種類の鳥には見えない。



まだ冬羽の状態のようですが、夏羽になると顔も真っ白になるみたいです。



見るからに子供という感じでカモメに見えない。



これも幼鳥か。でもパッと飛び立つところはもう一人前。



正面からバカ口を開けるとかなりの間抜け顔。このシリーズを撮ってみたい。(^_^;)