エナガ

 エナガはスズメ目エナガ科の鳥で全長14cmですが、長めの尾まで入れての長さなので胴体の方はメジロよりも小さく見えます。嘴が小さく、目の上部分の周囲が黄色くて、ジッジッっと鳴く声で存在が分かります。


当初はあまり自宅近くにはいないので撮影する機会がなかったのですが、西新井の森で初めて見かけて以来、けっこうあちこちで出会うようになりました。撮影枚数も増えたので、2015年10月以降の画像に更新しました。



2015年10月、自宅と花の丘の間の農地で。モコモコしてかわいい鳥だ。



上と同じ時の画像。低い木にいたのでかなり近くから撮影できた。



ここからは2016年2月で場所は三つ又沼ビオトープ。



上の枝に飛び移る直前を連写してみた。



こっちへ飛び出したところ。わずかに顔のピントが外れた。



飛んだというより跳ねたって感じだが、ちゃんと宙に浮いてる。



この飛び出しは顔は良かったが羽がいまいち美しくなかった。やはり難しい。



こちらも飛び出す直前。さしずめ「せーの」と言ってる状況。



なかなかカッコよく飛んだ写真を撮るのは難しい。連写の結果次第である。



2017年1月9日、近くの三貫清水でも毎日のように見られるようになった。



普段は高い木の上の方にいるのだが、突如として低い木に降りてくることがある。



2018年1月、自宅隣の緑地に集団でやってきた。



4日後にもまたまたやってきたカメラ目線のエナガ。



上の前日の画像。最近自宅近くによく来るようになった。